人気が高いリソース
Contact Us 連絡先
Software Demos 製品評価
White Papers ホワイト・ペーパー
Case Studies ケーススタディ (英語)
Events イベント
Double-Take AvailabilityDouble-Take Availability

サーバー ワークロードの移行を容易に

クラウドにも、新規の物理サーバー、仮想サーバーにも、ダウンタイムなしで、リスクなく移行

Vision Solutions の Double-Take® MOVE では、物理、仮想、およびクラウドのサーバー ワークロードを、1つの分かりやすいユーザー コンソールから、リアルタイム レプリケーションによって移行することができます。ユーザーにもアプリケーションにもダウンタイムを発生させない技術により、移行中も生産性が維持されます。

Vision Solutions の Double-Take® MOVE では、物理、仮想、およびクラウドのサーバー ワークロードを、1つの分かりやすいユーザー コンソールから、リアルタイム レプリケーションによって移行することができます。ユーザーにもアプリケーションにもダウンタイムを発生させない技術により、移行中も生産性が維持されます。

Double-Take のデータ レプリケーション機能は、リアルタイムのトランザクション認識により、アプリケーションのネイティブ書き込み処理を正確に複製します。このため、別のプロセスが重要ファイルを排他的ロックしているかどうかに関係なく、アプリケーションを移行できます。

  • 移行中にユーザーが行ったすべての変更をキャプチャし、新しいサーバーにリアルタイムでレプリケーション
  • システム全体を移行することも、ファイルやアプリケーション データのみを移行することも可能。標準のまたはカスタムのファイル サーバーやアプリケーション サーバー、さらにはドメイン コントローラまでも移行
  • 最初の同期の後も、目標のカットオーバーの時刻まで変更を継続的にレプリケーション
  • ビジネスに好都合な時間にシステム移行を実行
  • 製品評価

    Double-Take Move でダウンタイムがほぼゼロのシステム移行を体験する

    今すぐ始める

  • 無料ホワイト ペーパー

    サーバーを VMware® ESX™ または Microsoft® Hyper-V™ プラットフォームに仮想化し、必要に応じて自動で新しい仮想マシンをプロビジョニングします。

    このホワイト ペーパーを読む

  • サーバーの OS、アプリケーション、およびデータへの変更をバイトレベルで継続的にキャプチャ
  • 新しいハードウェアが物理でも仮想でも、どこに配置されていても、ローカルまたはグローバルに変更をレプリケーション
  • 柔軟な帯域幅制限機能と高度な圧縮機能により、システム移行操作で使用する帯域幅を制限
  • ドライブの数、ドライブのサイズ、CPU の数、またはメモリの量がソースと異なる物理サーバーまたは仮想サーバーに移行
  • シンプルなインターフェイスにより、大型のシステム移行プロジェクトを効率的に管理
  • 新しいサーバーへの切り替えは、手動で行うことも、完全に自動で行うことも可能
  • サーバーを VMware® ESX™ または Microsoft® Hyper-V™ プラットフォームに仮想化し、必要に応じて自動で新しい仮想マシンをプロビジョニング
  • 仮想サーバーの移行では、カットオーバー テスト機能を使用して、移行のカットオーバーが予定どおり行われるかどうかを事前に確認
  • Microsoft System Center が使用されている場合は、System Center Service Manager および System Center Orchestrator との統合を利用。移行プロセス全体を管理し、関連のアクティビティや必要なサービス リクエストを自動で作成することによって、仮想マシンの移行を簡素化できます。
  • 製品評価

    Double-Take Move でダウンタイムがほぼゼロのシステム移行を体験する

    今すぐ始める

  • 無料ホワイト ペーパー

    Double-Take MOVE® は、物理、仮想、クラウドが混在するどのようなサーバー環境からでも、Windows および Linux コンピューティング環境にダウンタイムなしで移行を行うことを容易にします。

    このホワイト ペーパーを読む

  • 物理、仮想、クラウドのプラットフォームが混在するどのような環境間でも移行
  • サーバーおよびストレージのハードウェアに依存しない
  • 仮想プラットフォームおよびクラウド プラットフォームのハイパーバイザに依存しない
  • Hyper-V および vSphere に新しい仮想マシンを自動でプロビジョニング。手動の設定は不要です。
Double-Take Move

Vision Solutions の Double-Take MOVE® は、移行時にユーザーにもアプリケーションにもダウンタイムを発生させません。実行中は常にデータベース ファイルをロックするデータベース アプリケーションが実行されていても構いません。Double-Take MOVE は真のデータ レプリケーション機能を提供します。停止を必要とすることなく、リアルタイムのトランザクション認識によりアプリケーションのネイティブの書き込みプロセスを正確に複製します。権限、属性、圧縮および暗号化設定などのファイル システム メタデータもレプリケーションできます。

Double-Take MOVE ® の機能では、システム上の予備の CPU サイクルと I/O が使用されるため、移行プロセス中もアプリケーションは影響なく実行し続けられます。アプリケーションで追加の処理リソースやデータ帯域幅リソースが必要となった場合は、オペレーティング システムが Double-Take MOVE の処理を排除し、実行中のアプリケーションがリソースを使用できるようにします。Double-Take MOVE はバックグランドで静かに動き続け、実行中のアプリケーションやそのユーザーに影響を与えることなくデータを移行します。

システム要件

  • ソース オペレーティング システム - Double-Take MOVE は、Microsoft® Windows® Server 2008 (Enterprise、HPC、Standard、Web、Small Business Server、R2、Enterprise x64、Standard x64)、Windows Server 2003 または 2003 R2 (Enterprise、Standard、Web、Small Business Server、Enterprise x64、Standard x64) 上で稼動する物理または仮想のソース サーバーを移行できます。Windows 2003 オペレーティング システムのそれぞれには、Service Pack 1 以降、および .NET 3.5 SP1 が必要です。
  • ターゲット オペレーティング システム - 物理または仮想の Windows Server 2008 (Enterprise、HPC、Standard、Web、Small Business Server、R2、Enterprise x64、Standard x64)、Windows Server 2003 または 2003 R2 (Enterprise、Standard、Web、Small Business Server、Enterprise x64、Standard x64)Windows 2003 オペレーティング システムのそれぞれには、Service Pack 1 以降が必要です。(仮想のプロビジョニング) ターゲットがプロビジョニングされる場合、その物理ホスト マシンは Windows 2008 Hyper-V または VMware ESX 4.0 以降 (.NET 3.5 SP11 付き) にできます。

Double-Take MOVE® と Microsoft® System Center

データセンターは、常に、より少ないコストでより多くの成果を上げることが求められています。成長と変化を続ける組織にとって、コストと複雑さの管理は常に懸念材料になります。データセンターでは、VMware® ESX™ から Microsoft® Hyper-V® に移行し、Microsoft System Center を使用して IT 資産を管理することにより、コストとシンプルさの両面でメリットを得られます。Microsoft System Center の強力な監視、自動化、管理機能は Hyper-V 仮想化と容易に統合でき、効率的で柔軟なデータセンター環境を構築できます。

VMware から Hyper-V クラウドへの移行はこれまでの移行ツールでは難しいと考えられていました。Vision Solutions® の Double-Take MOVE® は、ダウンタイムを減らし、複雑さを軽減することによって、このような移行を簡単かつ低コストで行うことを可能にします。移行時のすべての処理は Microsoft System Center から管理でき、Double-Take Move は背景で実行されます。Orchestrator、Virtual Machine Manager、Service Manager の緊密な統合により複雑な部分は一切表面に現れません。Microsoft System Center が、有効な Windows 仮想マシンをリアルタイムで検出、構成し、VMware ESX プラットフォームから Windows Hyper-V に移行します。Hyper-V と System Center Management の組み合わせは VMware に代わる極めて強力で低コストな選択肢です。

Double-Take MOVE で System Center の移行

Vision Solutions の Double-Take MOVE for Microsoft Azure

コンピューティング コストの削減と効率化を目指す企業にとって、クラウド コンピューティング化による利点はますます魅力を増しています。Microsoft の Azure IaaS には、ワークロードが実行されている場所に関係なく 1 つの一貫したプラットフォームを利用できるというメリットがあります。さらに、Microsoft のデータセンター、ホステッド型データセンター、および社内データセンターにまたがる異機種混在環境でも一貫性のメリットを得られます。では、Microsoft Azure に移行する最善の方法は何でしょうか。

さまざまな障害を楽に乗り越え、IT のスーパー ヒーローとなれるようなソリューションがあります。Double-Take Move を使用すれば、物理、仮想、クラウドのどのような組み合わせのプラットフォームであっても、簡単に、リスクなく、ほぼゼロのダウンタイムで Microsoft Azure に移行することができます。ビジネスの生産性は、リソースへの負荷が大きくならないリアルタイムのレプリケーション技術によって維持されます。ユーザーもアプリケーションも、移行処理が行われているときに生産性が落ちることはありません。Double-Take Move では特定のデータだけの移行も、サーバー全体の移行も柔軟に行うことができます。ファイル システム、権限、属性、圧縮と暗号化の設定などを含むすべてを本番環境の運用を停止することなく移行できます。

動画デモを見る:

Double-Take MOVE for Azure Double-Take MOVE for Azure