人気が高いリソース
Contact Us 連絡先
Software Demos 製品評価
White Papers ホワイト・ペーパー
Case Studies ケーススタディ (英語)
Events イベント

物理マシンおよび仮想マシンのバックアップリカバリー・ソフトウェア

対象と場所を問わない、クラウド対応のソリューションで Windows と Linux を保護

Double-Take 7.0Double-Take DR を使用すれば、最小限のインフラ投資で信頼性の高い災害対策計画を作成したり、単一障害点を回避するために既存の戦略を多様化したりすることができます。

物理、仮想、クラウドのリソースにまたがってデータやサーバー全体を保護および復旧でき、使いやすく、スケーラブルな災害対策ソリューションをお探しでしたら、そのすべてを実現できるソリューションがあります。Double-Take DR はハードウェア、ハイパーバイザ、プラットフォームのいずれにも依存しないため、Windows サーバーと Linux サーバーのクラウドベースの災害対策として最適なソリューションです。

対象が何であっても、それがどこにあっても、確実に保護

  • クラウド、仮想、物理のサーバーを自由に組み合わせて、総合的な災害対策を柔軟に実装。
  • リポジトリ サーバーをどこでも最適な場所に配置し、あらゆるものを保護して、どこでも最適な場所でシステムを復旧。
  • データやサーバーをソースとターゲットの場所を選ばず保護し、復旧。

1 社のプロバイダで複数層のソリューション

  • データとサーバーをさまざまなレベルで保護できる柔軟な目標復旧時間 (RTO) オプションにより、予算を最適化しつつ、異機種混在のデータセンターやインフラストラクチャを保護し、復旧。

シンプルさと使いやすさ

  • アプリケーションやデータの構成に関係なく、どのようなサーバーでも選んで、保護を簡単に構成。
  • ホステッド、プライベート、パブリックの各クラウド プラットフォームのスケーラビリティと迅速なプロビジョニングを活用して、複雑でコストの高いインフラストラクチャを使用せずに完全な事業継続性を実現。

クラウドへの対応と最適化

  • パブリックまたはプライベート クラウドにはどこからでも高速アクセスできるため、ターゲット リポジトリはどこにでもセットアップ可能。
  • 製品評価

    どんなに離れている Windows サーバーもレプリケーションし、復旧する。物理マシンおよび仮想マシンの自動フェイルオーバー。

    今すぐ始める

  • 無料ホワイト ペーパー

    Reducing the Costs and Risks of Branch Office Data Protection

    このホワイト ペーパーを読む

Double-Take DR はハードウェアにも、ハイパーバイザにも、プラットフォームにも依存しないので、対象が何であっても、場所がどこであっても、データとサーバーを保護します。必要に応じて柔軟に変更を加えることも可能です。

  • リポジトリ サーバーはどこにでもセットアップ可能。ローカルに置くことも、遠隔地に分散することも、クラウドに展開することもできます。
  • 重要なアプリケーション データだけを保護することも、サーバー イメージ全体を保護することも可能。復旧先のサーバーが物理、仮想、クラウドのいずれであっても、簡単に自由に復旧できます。
  • 今あるインフラを使用してソリューションを実装。後から、ニーズに合わせて変更を加えることができます。
  • Windows と Linux を包括的に保護。物理、仮想、パブリックおよびプライベート クラウド環境のどこで実行されていても、またプライベート クラウドやパブリック クラウドなどのハイパーバイザ上で実行されていても、保護します。
  • 製品評価

    どんなに離れている Windows サーバーもレプリケーションし、復旧する。物理マシンおよび仮想マシンの自動フェイルオーバー。

    今すぐ始める

  • 無料ホワイト ペーパー

    Reducing the Costs and Risks of Branch Office Data Protection

    このホワイト ペーパーを読む

Double-Take DR では、ターゲット リポジトリをどこでも最適な場所にセットアップできるので、シンプルでアクセス可能な災害対策環境をプライベート クラウドやパブリック クラウドに構築できます。

  • ソース サーバーとリポジトリ サーバーは、共通のネットワーク経由で通信できる限り、どこに配置することも可能。Double-Take DR は完全なクラウド対応災害対策ソリューションです。
  • あらゆる種類のサーバー ワークロードの保護を容易に構成。サーバーのアプリケーションやデータ構成を考慮する必要はありません。
  • 災害時には、Double-Take DR の特許取得のシステム状態処理によって、完全なサーバーをシームレスに復旧。
  • ハイパーバイザとクラウドのスケーラビリティを活用。最小限のリソースで保護と復旧を実現します。
  • 製品評価

    どんなに離れている Windows サーバーもレプリケーションし、復旧する。物理マシンおよび仮想マシンの自動フェイルオーバー。

    今すぐ始める

  • 無料ホワイト ペーパー

    Reducing the Costs and Risks of Branch Office Data Protection

    このホワイト ペーパーを読む

Double-Take DR は 1 つにまとめられた複数層対応ソリューションであるので、災害対策計画やその実施がシンプルになります。システム状態も含めてサーバー全体を保護できるので、各サーバーで実行されているアプリケーションを深く理解する必要はありません。完全なサーバーの保護と復旧を設定することにより、従来のインストールや構成のステップは省略することもできます。

  • 高い目標復旧時間 (RTO) を設定しているサーバーやデータに経済的なソリューションを提供。現在の事業継続性予算から最大限の効果を得られます。
  • 災害対策コストを大幅に削減。本番サーバーの事業継続性の費用方程式に両方向から取り組みます。
  • 多対 1 の保護によって、1 台のリポジトリ サーバーへの統合を可能にし、TCO を削減。少ない処理能力、ストレージ、ネットワーク リソースで堅牢な災害対策戦略を展開できます。
  • 中央集中型のバックアップを簡単にセットアップ。支社や遠隔地の事務所は、バックアップ作業を行う必要がなくなり、本来のビジネス ニーズに集中できます。
  • 支社や遠隔地の事務所にあるサーバーを、中央に配置した 1 つのリポジトリに同期することにより、現在のパックアップ プロセスを強化、簡素化。統合リポジトリのイメージのアーカイブには既存のバックアップ技術を使用します。