人気が高いリソース
Contact Us 連絡先
Software Demos 製品評価
White Papers ホワイト・ペーパー
Case Studies ケーススタディ (英語)
Events イベント
Double-Take AvailabilityDouble-Take Availability

重要な AIX データとアプリケーションのための簡単で自動化された可用性

Double-Take Availability for AIX 4.1 の新機能Double-Take Availability for AIX は、物理、仮想、およびクラウドベースのAIX環境向けのシンプルな高可用性を実現します。パワフルなリアルタイム リプリケーションと、完全な機能の継続的データ保護 (CDP) を組み合わせて、すべてのデータとアプリケーションを、ローカルまたはリモートのリカバリ サーバーで保護します。本番サーバーを常時監視し、障害が発生した場合、バックアップサーバーに自動フェールオーバーを開始することができます。これにより、物理、仮想、クラウド、および混在環境で、真の高可用性を提供します。利点は明らかです:

  • 障害が発生した場合に、ハートビート監視と自動フェールオーバーに基づいて、ダウンタイムのすべての形態から保護します。
  • 完全なサーバーのロールバック機能など、高速で柔軟性のあるポイントインタイムのリカバリオプションを介して、データの損失や破損から防御します。
  • 無人監視を可能にする大規模な自動化とアラートを備えたロータッチで便利な管理を実施できます。
  • 物理、仮想、またはクラウド環境でさまざまなハードウェア、ストレージ、および AIX のバージョンを柔軟にサポートします。
  • 貴社が厳格な法規制およびサービスレベル契約を遵守できるようにします。
  • 予算を尊重した非常に手頃な価格でご提供します。

Double-Take Availability for AIX はフェールオーバー管理を簡素化し、手頃な価格で簡単な高可用性を提供することによって、目標復旧時間および目標復旧時点の目標を達成します。

  • 監視と自動フェールオーバーはにより、顧客、パートナー、および従業員のビジネスの継続性を確保します。
  • ローカルまたはリモートの物理、仮想、クラウド、混在環境へフェーオーバーします。
  • ダウンタイムやデータ損失によるITコストとビジネスへの影響を排除します。
  • 従来のバックアップや復元技術での主要なデータ損失のリスクを除去します。
  • 災害が発生した場合、アプリケーションはすぐにバックアップシステム上で再起動することができます。

Double-Take のレプリケーション技術は、システムの高レベルのスケーラビリティと、目標復旧時間を達成する優れた性能を提供します。

  • 信頼性の高い、手頃な価格のオフサイトのデータ保護
  • 物理、仮想、およびクラウド環境をサポートします。
  • データ変更のリアルタイム キャプチャおよびバックアップシステムへのレプリケーション
  • 書き込みの一貫性を維持し、災害復旧時のデータの整合性を確保
  • 接続が失われた場合、本番環境とバックアップシステム間のインテリジェントで効率的な再同期
  • 従来のバックアップや復元技術での主要なデータ損失のリスクを除去します。
  • ストレージの独立性により、ベンダー ロックインを回避し、既存のストレージへの投資を最大化する

Double-Take Availability for AIX の高度な機能により、完全な保護を簡単に実行できます。

  • プッシュボタンのフェールオーバー
  • 時間と費用を節約する高度な自動化
  • アプリケーションとサーバーの状態を視覚化するインテリジェントな監視
  • Vision Solutions Portal を使用すると、どの場所とデバイスからでも、ブラウザベースの監視とレプリケーションおよびCDP機能の制御が行えます。
  • 電子メールアラートを使用すると、無人で完全自動の災害対策環境を実現できます。
  • Double-Take RecoverNow for AIX および MIMIX 製品の複数のインスタンスに対する単一のビュー

当社の統合された継続的なデータ保護技術 - RightTime CDP™ - を使用すると、管理者は迅速にダイヤルバックして、アプリケーションやデータベースを任意の前の時点へ簡単に戻すことができ、目標復旧時点の広範囲をサポートできます。

  • RightTime CDP™ は、任意の時点からの復旧を可能にします。
  • システム障害や人為的ミスにより紛失または破損したデータを、過去の時点に復元します。
  • 本番サーバーを過去の時点にロールバックします。
  • 市場で最も柔軟な復旧時点の指定
  • ボタンを押すだけでほぼほぼ瞬時に復旧
  • RPO は法規制とSLAの広範囲に適合
  • アプリケーションやデータベースの休止期間など、潜在的な復旧時点を示すイベントマーカーの設定。

通常はダウンタイムによって損失する時間と費用を取り戻すことによって、Double-Take Availability への投資の早期回収を実現するだけでなく、、コンプライアンス規制を満たすと同時にメンテナンス、アップグレード、新しいアプリケーションのテストなどを実施しながら、業務の運用に負担をかけることなく、ROI を高めます。

  • 特定の時点でデータをスナップショットし、さまざまな方法でリプリケートしたデータを使用します。
  • 本番環境のダウンタイムなしにプリケートしたデータをテープバックアップするため、バックアップウィンドウが不要になります。
  • セカンダリシステムで新規または変更されたアプリケーションをテストする際に、本番環境にリスクを引き起こしません。
  • システム·ユーザーがセカンダリシステム上で作業している間に、本番サーバーでシステムの保守を実施できます。
  • テストとフェールオーバーの検証がダウンタイムなしに容易に行え、災害対策を確実にします。
  • クエリ、レポート、トレーニング、またはオフロード処理のためのバックアップシステムを使用できます。
  • レプリケートされたデータを柔軟に使用することによって、ROIを高めます。

Double‐Take Availability for AIX は、クラスターの状態の監視、完全自動の通知とカスタマイズ、およびアプリケーション統合を追加して、Double-Take RecoverNow for AIX のリプリケーション技術と継続的データ保護機能を拡張しますす。

LAN および WAN ハートビート監視技術によるクラスター トポロジーの継続的な24時間の監視と、リソース固有の監視方式を使用したストレージおよびアプリケーション リソースの同様の監視により、タイムリーな復旧措置を実行できます。

たとえば、本番システムやその重要なリソースの1つに障害が発生した場合、すぐにバックアップシステムにアプリケーションのリソースをフェールオーバーすることでシステムを回復することができます。Double­‐Take Availability のハートビート監視技術で障害が検出されると、障害の発生したノードから正常なノードにアプリケーションを移動し、サービスの提供を維持できます。

すべてのフェイルオーバー アクティビティ (ストレージ リソース、IP アドレスの切り替え、リプリケーションの再確立、ファイル システムのマウント、アプリケーションの切り替えなど) が自動的に、またはメッセージで確認した上で自動的に実行されるよう Double‐Take Availability を構成できます。

カスタマイズ可能なユーザー イグジット方式により、障害が検出される時間に関係なく、自動処理の改善されたレベルが実現され、SLA への対応に役立ちます。

アプリケーションの統合と、それらのアプリケーションが依存しているサービス IP およびストレージ リソースを組み合わせることで、ビジネス サービスのすべてのコンポーネント (ストレージ、ネットワーク、データベース、アプリケーション リソースなど) を、ビジネス ユーザーへのサービスの提供に最も適したサーバーで利用できるようになります。