人気が高いリソース
Contact Us 連絡先
Software Demos 製品評価
White Papers ホワイト・ペーパー
Case Studies ケーススタディ (英語)
Events イベント

MIMIX Availability: IBM i の事業継続性ソリューション

IBM i 環境内の保護されていないものを保護する

IBM® PowerHA® のハイアベーラビリティを拡張、強化

MIMIX for PowerHA は IBM PowerHA と連携して、データおよびアプリケーションの保護を拡張、強化します。IBM® PowerHA® SystemMirror® for i は、ディスク セクターのレベルでレプリケーションを行う、IBM ストレージ サブシステムのハイアベーラビリティ機能に基づいています。IBM PowerHA は高度な機能を備え、IBM i アーキテクチャでセクターベースのレプリケーションを使用することの難しさを解消します。しかし、IBM PowerHA の保護には隙間があり、レプリケーションされないデータが残る場合があります。こうなると、追加のローカルまたはリモートのハイアベーラビリティ/災害対策サーバーによる保護は一切適用されません。

MIMIX for PowerHA は、IBM PowerHA の保護と監査を強化し、切り替え処理に影響を及ぼす可能性のある隙間を解消する補足のソリューションです。MIMIX for PowerHA は、MIMIX Availability との併用により、ハイアベーラビリティ/災害対策を強化し、災害対策や照会、データ分散の目的で追加されるローカルまたはリモートのサーバーにデータをレプリケーションすることを可能にします。

MIMIX for PowerHA は IBM PowerHA でサポートされない種類のオブジェクトをレプリケーションします。また、IBM PowerHA 向けに変更されていないアプリケーションに関連付けられているデータもレプリケーションします。MIMIX for PowerHA を追加することによって、すべてのデータとアプリケーションが完全に保護されます。

*SYSBAS データの保護

IBM PowerHA は独立補助記憶域プール (IASP) 内のデータのみを保護します。このため、*SYSBAS と呼ばれるシステム補助記憶域プール (ASP) 内のデータは保護されないままになります。MIMIX for PowerHA は *SYSBAS 内のデータをすべてレプリケーションし、データとアプリケーションの完全な保護を実現します。

MIMIX for PowerHA を使用して IBM PowerHA を補えば、IASP 用でないアプリケーションもダウンタイムやデータ損失から完全に保護することができます。

アクティブでいつでも切り替え可能なリカバリ サーバーを複数維持することで、重要なデータおよびアプリケーションを常に保護でき、リカバリ サーバーが 1 台だけの場合の脆弱性を解消できます。MIMIX for PowerHA は、MIMIX Availability と併用することにより、複数サーバーで構成されるハイアベーラビリティ/災害対策環境を管理できます。

計画的保守作業中も保護を継続

通常の本番サーバー上で保守作業を行う場合、リカバリ サーバーに切り替えて事業運営を維持することができます。しかし、そのリカバリ サーバーが唯一のリカバリ サーバーであった場合、本番サーバーがオンラインに戻るまで、データはレプリケーションされないことになります。災害はいつ発生するかわかりません。万が一、この作業中に災害が発生すると、多くのデータが失われ、アプリケーションは利用できなくなります。

MIMIX for PowerHA と MIMIX Availability を使用することにより、複数のバックアップを維持できます。例えば、1 つは、保守作業中に使用するようにローカルに置き、もう 1 つは災害対策としてリモートに置くことができます。これで、本番サーバーが保守作業のために停止されている時間も含め、常にデータおよびアプリケーションを災害から守ることができます。

同時多発的な障害から守る

災害はめったに起こりません。ましてや、複数の災害が同時に発生したり、たまたまダウンタイムとなっているときに災害が発生したりすることは本当に稀なケースです。しかし、そのような災害がないとは限りません。MIMIX for PowerHA と MIMIX Availability を使用して複数のリカバリ サーバーを、できれば異なる場所に維持することで、同時に複数の障害が発生してもダウンタイムやデータ損失を防げます。

MIMIX for PowerHA と MIMIX Availability の連携によって維持されるレプリケーション サーバーは、ハイアベーラビリティや災害対策以外の目的にも使用できます。レプリケーション サーバーには本番データがリアルタイムで常にコピーされているため、次のような用途のレプリケーション サーバーを作成することもできます。

  • データ ウェアハウス
  • 照会やレポート作成用サーバー
  • オフライン バックアップのコピー元
  • その他の読み取り専用ジョブ

これらのワークロードをレプリケーション サーバーに移動することで、本番サーバーへの負荷を一切増やすことなくすべての処理を行うことができます。

さらに、複数のアプリケーション サーバーで同じデータを共有する必要がある場合、MIMIX Availability と連携して MIMIX for PowerHA を使用することにより、手動での介入なしで透過的に本番サーバーから別のサーバーにデータをレプリケーションできます。

本番サーバーからリカバリ サーバーへの切り替えを成功させるには、環境の変化のために切り替えが失敗したり、速度が低下したりすることがないよう、常に用心を怠らないことが必要です。MIMIX for PowerHA は、IBM PowerHA 環境で切り替えの失敗や速度の低下を招く状況が生じていないかをチェックし、そのような状況が検出された場合には通知を送ります。これにより早期に問題を解決できるので、切り替え時になって問題が発覚するという事態を避けられます。これが、最短時間での確実なシステム復旧の実現につながります。

MIMIX for PowerHA によって自動的に行われる監査には次のようなものがあります。

重複するライブラリ名の検出

切り替え可能な IASP は、*SYSBAS 内のライブラリと同じ名前のライブラリを含むことはできません。IASP の Vary On ではチェックが実行され、重複する名前が存在した場合、Vary On は失敗します。切り替え時にこれが発生すると、切り替えが失敗します。MIMIX for PowerHA は重複するライブラリがないかを監視し、重複するライブラリ名が見つかるとそのときに通知を送ります。切り替え時に Vary On が行われるまで検出が遅れることはありません。

ユーザー プロファイル設定の監査

本番サーバーとリカバリ サーバーでユーザー プロファイルの割り当てが異なると、切り替え時に解決する必要があり、切り替え時間が長くなる原因となります。MIMIX for PowerHA はこのような状況の発生を検出し、環境を即時に更新して最適な状態を保ちます。

ライブラリの割合の監査

Vary On 時間、つまり切り替え時間を短くするには、*SYSBAS 内のライブラリと IASP 内のライブラリが最適な割合である必要があります。MIMIX for PowerHA はこの割合に着目して、環境が最適な状態に保たれるようにします。

MIMIX for PowerHA は IBM PowerHA でサポートされない種類のオブジェクトをレプリケーションします。また、IBM PowerHA 向けに変更されていないアプリケーションに関連付けられているデータもレプリケートします。MIMIX for PowerHA を追加することによって、すべてのデータとアプリケーションが完全に保護されます。

*SYSBAS データの保護

IBM PowerHA は独立補助記憶域プール (IASP) 内のデータのみを保護します。このため、*SYSBAS と呼ばれるシステム補助記憶域プール (ASP) 内のデータは保護されないままになります。MIMIX for PowerHA は *SYSBAS 内のデータをすべてレプリケートし、データとアプリケーションの完全な保護を実現します。

MIMIX for PowerHA を使用して IBM PowerHA を補えば、IASP 用でないアプリケーションもダウンタイムやデータ損失から完全に保護することができます。

MIMIX Availability による保護の強化

MIMIX for PowerHA は、MIMIX Availability との併用により、IBM PowerHA のハイアベーラビリティ/災害対策を強化し、災害対策やその他の目的で追加されているローカルまたはリモートのサーバーに IASP と *SYSBAS 両方のデータをリアルタイムでレプリケーションすることを可能にします。このように追加でコピーされたデータは、さまざまな目的でリアルタイムにアクセスすることができ、本番サーバーがバックアップ サーバーに切り替えられても同期が維持されます。

MIMIX for PowerHA はターゲット サーバーの *SYSBAS と、ソース サーバーの IASP の間で重複するライブラリ名がないかを常に監視し、重複する名前を持つ新しいライブラリが作成されると適時に通知を送信します。これにより、計画的または計画外の停止が発生する前に、予防的にライブラリの名前変更や移動を行うことができます。

MIMIX for Power HA