人気が高いリソース
Contact Us 連絡先
Software Demos 製品評価
White Papers ホワイト・ペーパー
Case Studies ケーススタディ (英語)
Events イベント
Double-Take ShareDouble-Take ShareDouble-Take Share Double-Take ShareDouble-Take Share

リアルタイムの簡単なデータ共有

What's New in Double-Take Share 5.2?リアルタイムのデータ共有によるビジネス アジリティの向上

Double-Take Share を使用すると、複数のデータベースおよびオペレーティング システムや、物理、仮想、クラウドの各プラットフォームの間で、データを簡単にキャプチャ、変換、加工、リプリケートできます。自動化されたリアルタイムのデータ共有により、データベースの同期が維持され、情報検索、レポート、ビジネス インテリジェンス、データ ウェアハウジングなどで必要なときに、必要な場所で、必要な方法を使用して情報にアクセスできるようになるため、ビジネスを効率化し、ビジネス上の意思決定を改善できます。さらに、Double-Take Share の強力かつ柔軟な変換機能とリプリケーション機能を使用すれば、古いシステムのモダナイズやデータベース インフラストラクチャの統合も簡単です。使いやすいグラフィカル インターフェイスが用意されているため、管理に要する時間の削減、手動プロセスの置き換え、およびデータ共有の自動化にすぐに着手できます。

スマートなデータ共有が実現するスマートなビジネス

  • 複数のデータベース、互換性のないアプリケーション、および異種プラットフォーム間のデータ共有の複雑さを解消
  • 生産性および利益性の向上と迅速な ROI を実現
  • 増大するビッグ データからビジネス バリューを導出
  • 無料ホワイト・ペーパー

    事例をご覧ください:ビジネス・インテリジェンス及びデータ統合のためのリアルタイムのオンデマンドインフォメーション

    今すぐホワイト・ペーパーを読む

  • データの整合性を確保する、信頼性の高い変更データ キャプチャ機能
  • 異なるデータベース間のリプリケーション時にデータを変換および加工
  • データベースおよびオペレーティング システムの主要なプラットフォームをすべてサポート
  • 競合の解決および衝突の監視の組み込み
  • コンプライアンスのためのトランザクションの監査を実現
  • 柔軟なデータ共有トポロジー
  • LAN/WAN 対応
  • 使いやすいグラフィカル インターフェイス
  • シンプルなテーブル ベースの構成
  • クリックするだけで使用できる 60 個以上の既成のデータ変換
  • 異なるテーブル、行、列のデータのマッピング
  • テーブルまたは行のレベルでのデータのフィルタリング
  • プログラミング不要
  • リスクの高い手動の ETL (EXTRACT/TRANSFORM/LOAD) プロセスを排除

アプリケーションを統合してデータを同期

企業が競争力を維持するためには、情報共有を促進し、実行されている複数のアプリケーションの間でデータの同期を保つ必要があります。Double-Take Share は、複数のデータベースの間でデータをキャプチャ、変換、リプリケートして、ユーザーが互いのデータをリアルタイムで表示できるようにします。

また、地理的に分散した場所で実行されているアプリケーションのデータをリプリケートすると、データをユーザーの近くに置くことができます。これにより、本番サーバーのデータにネットワーク経由でアクセスするときに生じるパフォーマンスの低下を回避し、データに頻繁にアクセスする場合の通信費と通信時間を削減できます。

集中管理されたオンデマンドのレポートとビジネス インテリジェンス

戦略的な意思決定にはリアルタイムの情報が必要です。最新の情報に基づく決定は、ビジネスの応答性および競争力の向上につながります。Double-Take Share を使用すると、リアルタイム データを使用してオンデマンドでレポートを実行できるため、競争力を強化できます。さらに、さまざまなソースのデータをキャプチャおよび変換し、レポート サーバーや BI サーバーにリプリケートして、集中管理されたリポジトリから情報検索、レポート、BI を実行できます。

集中管理されたオンデマンドのレポートとビジネス インテリジェンスが Double-Take Share でどのように実現されるかについては、こちらをご覧ください。

Windows Azure によるビジネス インテリジェンス レポートを実現

古いアプリケーションやデータを使用している場合は、Double-Take Share のクロスプラットフォーム データ共有を使用して、Windows Azure などの別のプラットフォームにコンテンツをリプリケートして変換できます。では、Windows Azure からの BI レポートはどのようにして実現されるのでしょうか。エンド ユーザーが社内アプリケーションにデータを入力すると、Double-Take Share がその変更をリアルタイムでキャプチャおよび変換して、ターゲット データベースにリプリケートします。下の例では、変更されたデータが、Windows Azure クラウドに置かれている 1 つの統合 MS SQL レポート データベースにマージされています。これにより、統合されたデータに Windows Azure ベースのビジネス インテリジェンス アプリケーションやレポート ツールでアクセスできるようになります。Double-Take Share を使用すると、あらゆるソースの最新のデータを、利用可能になり次第すぐに意思決定に活用できます。

ミッション クリティカルなアプリケーションにリアルタイム データを供給

Double-Take Share を使用すると、電子商取引、Web ポータル、その他の分散アプリケーションなど、ミッション クリティカルなアプリケーションにデータを供給することもできます。たとえば、集中管理された ERP データベースから分散 e ビジネス システムにデータを供給できます。データベース、OS、ハードウェアの種類が同じでなくてもかまいません。

情報検索、メンテナンス、バックアップなどのために本番データをオフロード

Os servidores de produção precisam de 本番サーバーは、エンド ユーザーのアプリケーションに対する可用性と応答性を確保するために保護する必要があります。本番サーバーを保護するには、本番データをセカンダリ サーバー (OS やハードウェアの種類が同じでなくてもかまいません) にオフロードして、本番システムに影響を与えずにデータを処理できるようにする方法があります。たとえば、データをデータ ウェアハウスやデータ マートに送る場合がこれに当たります。リプリケートしたデータをバックアップ、テスト、監査の環境で使用することもできます。

既存のデータベースのモダナイズ

古いアプリケーションやデータを使用している場合は、Double-Take Share のクロスプラットフォーム データ共有を使用して、データをより新しいプラットフォームにリプリケートして変換することができます。データを最新のツールによるレポートのために新しいプラットフォームにリプリケートしたり、新しいアプリケーションと透過的に共有したり、新しいデータベースとプラットフォームに完全にマイグレートしたりできます。

カスタム データベースのマイグレーション

Double-Take Share は、データベース プラットフォーム間の移動と変換を実現して、マイグレーションを簡素化します。また、ユーザーがオンラインでアクティブな状態のままデータのリプリケーションと変換を行うことにより、ダウンタイムおよび生産性への影響を最小限に抑えます。Double-Take Share はハードウェアに依存しないため、古いシステムを物理サーバーや仮想サーバーにマイグレートできます。たとえば、古い DB2 のデータを、BI へのアクセスのために SQL Server データベースにマイグレートすることができます。サポートするデータベースやデータベース プラットフォームの削減のためにマイグレーションを行うこともできます。

Double-Take Share を使用すると、複数のデータベースおよびオペレーティング システムや、物理、仮想、クラウドの各プラットフォームの間で、データをキャプチャ、変換、加工、リプリケートできます。Double-Take Share は、1 ウェイ、2 ウェイ、統合、分散、双方向、カスケード型の各データ共有構成に対応する柔軟なアーキテクチャを備えています。

Double-Take Share がサポートしているデータベース:

  • Microsoft SQL Server
  • IBM DB2 para LUW
  • IBM DB2 para i
  • IBM Informix
  • Oracle
  • Sybase
  • Teradata (ターゲットのみ)

Double-Take Share がサポートしているオペレーティング システム:

  • Microsoft Windows (Windows Azure を含む)
  • IBM i
  • IBM AIX
  • HP-UX
  • Solaris
  • Linux SUSE Enterprise
  • Linux Red Hat Enterprise
Double-Take Share

Double-Take Share は、ソース データベースでデータが変更されるとそれを認識して、ターゲット データベース (複数のターゲット データベースに対応しています) にリアルタイムでリプリケートします。Double-Take Share は、ソース データベースとターゲット データベースの間で必要に応じてデータを変換します。たとえば、IBM Power とオープン システム データベースの間でデータを移動すると、必要となる EBCDIC から ASCII への変換がデータの移動中に行われます。ソース データベースとターゲット データベースで異なる形式のデータが必要な場合 (日付を mm-dd-yy 形式と yyyy/mm/dd 形式の間で変換する場合など) は、Double-Take Share に付属の、クリックするだけで使用できる 60 個以上の既成のデータ変換を使用できます。組織に固有のニーズに合わせて独自のデータ変換を定義することもできます。ターゲット データベースのデータ スキーマや、使用されているデータ型、データベース管理システム、およびハードウェアは、ソース データベースと同じである必要はありません。

Double-Take Share は、一対一、一対多、多対一、カスケード型のリプリケーションを含む多様なデータ共有トポロジーをサポートしています。これらのトポロジーのすべてで、一方向と双方向の両方のデータ共有がサポートされています。真の双方向リプリケーションでは、2 つのデータベースで同じデータが同時に変更された場合に発生する競合が検出されて解決されます。

Double-Take Share は構成も簡単で、中央集中型の直感的な GUI 管理コンソールを使用して日々のデータ共有プロセスの監視と制御を行うことができます。洗練されたユーザー インターフェイスにより、データ ソースとデータ ターゲットをポイントしてクリックするだけでマップできます。