人気が高いリソース
Contact Us 連絡先
Software Demos 製品評価
White Papers ホワイト・ペーパー
Case Studies ケーススタディ (英語)
Events イベント
Double-Take MoveDouble-Take Move

ダウンタイムほぼゼロの容易な AIX のシステム移行

Double-Take Availability for AIX 4.1 の新機能Double-Take Move for AIX は、高度なマイグレーション技術を使用して、アプリケーションが完全に機能している状態で、効率的なサーバーのシステム移行を実施します。Vision Solutions またはそのビジネス パートナーのシステム移行の専門家の経験を活用して、IT 部門や業務の運用に負担をかけることなく、営業時間内に信頼性の高いシステム移行を実施することができます。

Double-Take Move は、物理、仮想、クラウド、混在環境間で、異なるストレージ、ハードウェアモデル、オペレーティングシステムのバージョン間の移行を可能にします。さらに、ソリューションはリモートレプリケーションをサポートしているため、別のデータセンターや地球の反対側など、別の場所の新しいサーバーに移行するために使用することができます。

  • ユーザーがオンライン状態のまま古いサーバーから新しいサーバーにレプリケートすることにより、システム移行のダウンタイムはほぼゼロになります。
  • 新しいサーバーが検証されている間にサーバーを同期ですることによって、システム移行のリスクを軽減します。
  • システム移行プロセスを簡素化、ベストプラクティスの適用、人的エラーのリスクの低減など、自動化によって IT の負担を軽減します。
  • 営業時間内にシステム移行を実施し、都合のよい時間にカットオーバーをスケジューリングすることによって、IT の残業費や不満を低減します。
  • Vision Solutions またはそのビジネス パートナーのシステム移行専門家の経験や知識を活用して、社内担当者の負担とリスクを軽減できます。

初期レプリカが作成された後、Double-­‐Take Move for AIX は、古いサーバーにおける変更を、新しいサーバーにリアルタイムでリプリケートします。カットオーバーが完了するまで、それが継続します。ユーザーがアクティブな状態で、初期および継続レプリケーションがバックグラウンドで実行されます。カットオーバーの実行時間はわずか数分です。

  • レプリケーションの間、ビジネスアプリケーションを稼動したままにできます。新しいサーバーへのカットオーバーに必要なダウンタイムはわずか数分です。
  • 伝統的なマイグレーション技術を使用した場合、ダウンタイムコストは数時間または数日間に上りますが、これに比べてダウンタイムコストをほぼゼロに削減できます。
  • システム移行期間全体を通してオンラインシステムを維持できるので、従業員の生産性、顧客満足度、およびパートナーとの関係を保持できます。

マイグレーションの専門知識に基づく高度なレプリケーションとフェイルオーバー技術の組み合わせにより、マイグレーションに通常伴うリスクを最小限に抑えることができます。

  • 連続レプリケーションにより、マイグレーションのテスト中にシステムの同期を維持できます。
  • 仮想ロールスワップ機能は、本番環境に影響を与えることなく、新しいサーバー上でアプリケーションのテストを可能にします。
  • 自動化により、人為的ミスの多くの原因が排除されます。
  • リバース リプリケーションにより、データを損失することなく元の本番サーバーにフェイルバックできます。
  • マイグレーションの成功実績で培った長年の経験により、一般的なマイグレーションエラーを回避することができます。

Double-Take Move for AIX は、Vision Solutions の強力なレプリケーションとフェイルオーバー技術を採用し、ほとんどのマイグレーション作業を自動化します。マイグレーション エキスパートが、マイグレーションの計画、ソフトウェアのインストールと設定、およびマイグレーションの作業そのものをサポートします。

リアルタイム リプリケーション

  • 業務時間中に新しいサーバーに移行できます。
  • カットオーバーのスケジュールに合わせて、サーバーの同期を継続できます。
  • IT の残業費や不満を低減します。

自動化

  • 手動の作業負荷の軽減
  • 業界のベストプラクティスの適用
  • 新しいシステムへのカットオーバーを高速化
  • マイグレーションの完了までに必要な全体の経過時間を削減

外部の専門家

  • マイグレーションを効率的に実施するの長年の経験を活用
  • ITスタッフを他のビジネス要件を満たすために解放

Double-Take Move for AIX は異なるパワーシステムモデル、ストレージハードウェア、およびオペレーティングシステムのバージョンを使用するソースとターゲット間で移行することができるので、アップグレードが容易になり、ベンダーロックインを排除することができます。

  • 物理、仮想、クラウド プラットフォームの任意の組み合わせでシステム移行を実行します。
  • IBM AIX のさまざまなバージョンとさまざまな Power Systems モデル (IBM PureFlex 環境を含む) 間でシステム移行を実行します。
  • さまざまなベンダーのストレージ間での移行を実施
  • 最小のダウンタイムで、新しいデータセンターへ運用を移行
  • 多対 1 のリプリケーションでサーバーの統合を容易にする

Double-Take Move for AIX のマイグレーション プロジェクトの一環として、Vision Solutions またはそのパートナーのマイグレーション専門家がマイグレーションの計画を支援し、目標の達成、ソフトウェアのインストールと設定、およびテストとカットオーバーを通して共同作業を行います。

Double-Take Move は先ず最初に、既存の AIX サーバー上のデータとアプリケーションのすべてを、新しい AIX サーバーへレプリケートします。すべてのレプリケーション プロセスはバックグラウンドで実行されます。その結果、レプリケーションが行われている間、動作を停止する必要はありません。レプリケーション プロセスは、古いサーバーから新しいサーバーに適用された変更を同期しながらレプリケーションを続行します。

サーバーの初期コピー処理は、WANに最適化され、圧縮が有効になっており、非同期レプリケーションを用いて行われるため、本番環境のパフォーマンスと帯域幅の使用量への影響を最小限に抑えます。レプリケーションは非同期で実行されるため、本番環境のトランザクションは、関連するレプリケーションが完了するのを待つ必要はありません。

サーバーの初期コピーが完了した後にレプリケーションが続行されるので、データの損失や追加のダウンタイムなしに、新しいサーバーの精度と切り替え準備を必要な時間をかけて検証することができます。仮想ロールスワップ機能により、既存のサーバー上の操作に影響を与えることなく、新しい環境で新しいサーバーのテストを実施できます。

新しいサーバーが本番移行の準備ができていることを確信している場合には、自動化されたカットオーバープロセスを使用して、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。カットオーバーは組織にとって最も都合の良いときにスケジュールすることができます。必要に応じてリバース リプリケーションを使用すると、迅速にフェイルバックを実施し、リスクを軽減します。